スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩道に入ってもいいのかな

2010.11.14.01:27

せっかくの土曜日だが、
用事があったり体調がいまいちだったりで、
きょうは体を動かしていない。
その割にはしっかり食べたので、例によってダイエット台無し。

バーテープだけは巻いた。

2010111315430000[1]

前面から撮影、ばきゅ~ん号。

ライダーベルトが風を受けて推進力になる・・・わけはない。


自転車に乗るようになってから、
それなりに自転車と交通について考えることもあり、
ときどきえらそうなことを言ったりもしているんだが、

自分でも時々、どうなのかなと思うことがある。

歩道走行について。

自転車は軽車両なんだから、車道を通らないといけない。
ただ車道通行が危険な場合やむをえず歩道の通行が可能だ。

自分は基本その通りにしているつもりだが、

ちょっとこの場面はどうでしょうか。

①:
車道は渋滞でクルマが連なっており動いていない。
道路左端を走っていたら、路上駐車があり、
駐車車両の右をすり抜ける幅がない。
で、いったん歩道に上がり、数メートル徐行で歩道を走り、
駐車車両をやり過ごして再度車道に出て、左端を走った。

②:
道幅が狭い橋。橋の欄干も低く、左に倒れたら橋から落ちそう。
左側には歩道がなく、また車道を走ると後ろのクルマは追越困難。
左端の走行が危険、また自転車の後ろにクルマが連なるのも迷惑と思い、
橋の右側にのみある歩道を右側通行し橋を渡った。


あまり文が上手くなく、伝わりにくくてすいません。

良し悪しの判断はお任せしますが、
自分の通る道で、わりとこういうことがあるので書いてみました。


歩道に入っていいのはどういうケースか、
もともとコモンセンスがあるわけではないので、

ましてや自転車が車道を走るのが気に入らないドライバーも多いので、

場合によっては、逃げるしかないケースもあるだろう。

そもそも、危険な場合歩道を通行できるというのは、
危険だったらクルマが譲るのではなく、
自転車の側が歩道でもどこでもどきなさい、
交通量の多い道路は自転車は空気読んで歩道走りなさい、
と言っているようにも取れる。

二枚舌みたいでお恥ずかしいのだが、
自分はロードでもちろん車道を走るのだが、
妻や子供がママチャリで自転車乗るとき、
歩道を走ってはいけませんと言い切れなかったりする。


日曜日だもの、走ろう。よろしければクリックお願いします・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

2010.11.14.12:22

こんにちは

①は、警視庁HPでも危険な場合の例として挙がってますね。
答えのない問題ではありますが、
私は「危険な場合」を広くとらえていいんじゃないかなと思っています。
もちろん、人がいる場所で速度を出したり、
すり抜け、ベルでどかすのはNGですが。

正直、地域によっては、ほとんど「危険な場合」で
歩道走行になってしまう。。。

No title

2010.11.14.13:30

こんにちわ。

ツッコミではありませんが......

「車道は渋滞でクルマが連なっており動いていない。道路左端を
 走っていたら,,,,,,,」

というのは、自転車がクルマを左側から追い越すということだと
思いますが、これ道交法違反です。仮にご存じないとしたらロー
ディーとして知っておくべきでしょうか。

「車両は、車両の右側を通行して追い越さなければならない。」
(道交法第28条第1項)

この場合の車両とは
「自動車(自動二輪車、特殊自動車を含む)、原動機付自転車、
 軽車両、トロリーバス」です。(道交法第2条第1項第8号)

ですから、渋滞しているクルマの左を走っていて、突然、助手席
側のドアが開きガチャーンとなってもクルマ側の100%過失とはな
らないようで注意が必要です。

で、本題。(笑)

ご存知のように自転車が例外的に歩道を走行できるのは以下の
5つの場合です。

1.道路標識等により通行することができるとされている歩道
2.児童(6歳以上13歳未満)や幼児(6歳未満)が運転する場合     
3.70歳以上の者が運転する場合                      
4.安全に車道を通行することに支障を生じる程度の身体の障
  害を持つ者が運転する場合
5.車道等の状況に照らして自転車の通行の安全を確保する
  ため、歩道を通行することがやむを得ないと認められる場合
  (道交法第63条の4、第63条の4第1項第2号、施行令第26号)

ポイントは5ですね。車道を走るのが危険と判断された場合、
歩行者優先を前提に、かつ徐行して歩道を走行できる。

実際、私もジテツウで違法駐車が多い通りでは、歩道を走る
ことは珍しくありません。

また、休日の荒サイでも清砂大橋、秋が瀬大橋、上江橋、大
芦橋、全部、迷うことなく歩道を走っています。たまに車道
を走っているローディーを見かけるけど、ホント、危ないと
思います。

自転車は車道を走らなければいけないと、あまり強く思うと
危険だというのが私の考えです。

柔軟に考えることが大切。まっ、私の場合、いい加減に考え
ていると言った方が正確かもしれませんが。(笑)

ただ、上記の道交法4~5は平成20年6月1日に改正され
て追加されたそうですから、それまでは、どうだったのよ?
で、国もいい加減なんだな。(笑)

ロードバイクって・・・

2010.11.14.14:15

初めて足跡を残させていただきます。
何処を走るか?
まずそれにはロードバイクって何かを考える必要があると思います。
僕はロードバイクはスポーツだと思っています。
ツールドフランスで走っているバイクのレプリカであり、走ることを最重点に置かれて設計された道具としての意味合いが強いものだと思っています。
ならば、通勤に使ったり目的地への移動手段として使う場合には交通ルールを守るのは当然でありルートや速度、走る時間帯にも気を使うべきです。
交通量の多い右側にしか歩道がないようなルートは避ける、どうしても通るなら歩道を押して歩く・・・
自転車が車道の左側を走るのは規則であって権利ではないのです。


Re: kotaro様

2010.11.14.18:27

こんばんは。
自分はできるだけ走りやすい道を選んでいるつもりですが、
歩道走行やむなしという道も多いですね。
道路に自転車の居場所がもっとあれば、すっきりするのですが。
歩道は歩行者のものですが、
車道はクルマだけのものではないですよね。

Re: tack様

2010.11.14.19:06

こんばんは。
ツッコミありがとうございます(笑)
左追い「越し」禁止については、
一応普通免許も持っておりますので、存じております。

自分も柔軟に考えて走ることが大事かと思っています。
ただ、都合のいい運用は、
一応ローディの端くれとして、しないように努めていますが。

Re: ター坊様

2010.11.14.19:38

はじめまして。
ロードバイクがスポーツであることは、おっしゃる通りです。
交通ルールを守るのも、当然です。

スポーツの道具なんだから、
通勤とか移動手段で使用するのは、用途の転用ということですね。

さしずめスケートボードと一緒ということでしょうか。

だとしたら、自分はちょっと抵抗がありますね。。

ちょっと違うかも???

2010.11.14.22:17

僕の投稿、少し誤解を受けているようなので補足させてください。

僕もロードバイクを愛する一人です。
移動の手段に使うこともあります。
スケボーをやってる人は通勤や移動の手段としては使わないでしょう?
真面目にスケボーをやっている人は練習も専用の施設でやっています。
通勤でロードを使うこともいいことだと思いますが、交通量の多い時間には車道を走って流れを変えてしまうより、歩道を徐行して走る方がいいと思うんです。
多くのローディー(僕を含めて)早くなりたいと思って練習してますが、
ロードバイクの制限速度って30キロですよね?
スピードオーバーは交通三悪の一つです。
これを世間様に見逃してもらう以上、人や車の多い場所では何倍も気を使う必要があると思うんです。

長文、失礼しました。

Re: ター坊様

2010.11.14.23:42

こんばんは。
理解力がなくてごめんなさい。
補足いただいて、おっしゃることはわかりました。

原付には30km/hという制限速度はありますね。

安全にきちんと乗ろうと言う思いは一緒だと思いますので、
お互いこれからも楽しく安全に走りましょう!
プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。