スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下りのしくみが理解できない

2010.05.20.22:17

よく降るなあ。

妻が友人の方と外食のため、きょうは息子とふたりで食事。
お肉をばか食い。当然太るだろうが、たまにはいいのだ。

さて、今日のお題だが、
たぶん皆さんご存知なのだろうが、恥ずかしながらわからない。

下りの速さについて。

下りに必要な要素は、
ブレーキングやコーナリングのテクニックはもちろんなんだが、
体重はどう影響するのだろうか。

佐渡を走っていて、下るとき、
べつにこいで加速しているわけではないのだが、
前の自転車を抜くことがたびたびあった。
ひょっとしたら前の自転車はブレーキをかけているのかな、と思ったが、
どうもそういう様子はない。

自分、ひょっとして下りが速い?

しかし疑問なのである。
(私は物理の知識が全くないので恥ずかしいのだが)

坂道を下るということは、等加速度直線運動だったよなあ。
自由落下とおんなじだよなあ。
自由落下って、質量は関係なかったんじゃなかったっけ。

ガリレオ・ガリレイがピサの斜塔から、
質量の違う2つの球を同時に落とした実験の話があるよなあ。

真空では、羽毛も鉄球も同じ速さで落ちるんじゃなかったっけ。

でも、体重があると速いって言いません?
やせたら下りは遅くなる?・・・いや、やせたいけど(笑)

下りは空気抵抗・路面抵抗が少ないと速いはず。
(いや、下りに限った話ではないんだが)
私は空力的に抵抗が少ない?

おなかが出ているので流線型なのか(笑)

佐渡で思ったのは、みんな下りを踏まないなあ、ということ。
自分は下りはできるだけ(安全な範囲で)勢いをつけて、
下り終わったあとにつなげたいので、踏む。
前の人を抜く。

上りで当然抜き返される。なんか気まずい。

上りは自分が遅いのは分かってるので、
下りで抜かなきゃいい話なんだが、
無理してないのに抜いてしまうんだよなあ。


アホやなこいつ、とおっしゃっていただいてけっこうです。
だってわかんないんだもん。

すいません。
奇特な方がいらっしゃったら、教えてください。


からあげ大好き。よろしければクリックお願いします・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

2010.05.20.23:03

佐渡、お疲れさまです。

多分、空気抵抗との関係で、空気抵抗を受ける面積が同じなら、重いほうが到達速度が早いとか、、、。
すいません、遠い昔の記憶なので不確かです。

ちなみに私は下りが嫌いです。
ではまたいつか。

No title

2010.05.20.23:12

こんばんは

この場合は、重力加速度によるんではないでしょうか??

以上、経営学部の人間の意見でした。

シロートながら

2010.05.20.23:56

 自転車でもスキーでも私のほうがムスコ
よりあきらかに速く下っていきます。
 物理は??ですが、自転車もスキーも接
地(接雪)の摩擦抵抗はあります。(自転車
は機械的抵抗もあり)
 ですのでいわゆる自由落下とは違います。
同じ抵抗だった場合、質量が大きいほうが
抵抗に対する比率で(相対的に)質量に対
する抵抗値は小さくなります。
 だから重いほうが速い。
      のではないかな~。

終端速度かな?

2010.05.20.23:57

条件によるけど、終端速度がmに依存しますよ。
ってことで、ぐっぐって見てください。
つまらない理屈は別にして、ウワンも下りでなぜか前の自転車を追い抜いてしまいます。でもそれは、前の人は空気抵抗受けてるけど、ウワンは風除けで抵抗無いからで、またこの自転車はよく走ると思っています。

No title

2010.05.21.00:19

よく分かりませんが、摩擦抵抗とかに対して重い方が有利なんでしょうね。
重い方がホイールが良く回るとかもあるかも。

僕も体重は重いので下りは速いですが、慣性の法則があるので、減速は大変です。
かなり手前でブレーキングを始めるように心がけてないと、すぐにオーバーランしそうになります。
TOMOOさんも気をつけてくださいね。

『デブは急に止まれない』・・・失礼・・・w

No title

2010.05.21.01:19

こんばんは
体重を路面と直角な力と水平な力に分けて考えてください
坂の下に向かう分力と路面にかかる圧力はそれぞれ体重に比例します
つまり重い人ほど速いんです
私は体重はそこそこですが下りは大好きです
私も経営学科卒です

No title

2010.05.21.07:03

わたしもちょっと前から気になってましたが、キッカケを得ましたのでぐぐるセンセに聞いてみました。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1208762.html
http://luna-physics.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-7f66.html
あたりかな? MuAuanさんのとおり、終端速度は体重に依存する、と。

ん~、工学系専攻だったんだが…

重い方が速度は落ちにくい

2010.05.21.12:46

重い方が運動エネルギーが大きいので、速度は落ちにくくなります。
アルペンスキーのダウンヒルなどは、体の大きな選手が有利です。特に緩斜面の続く長い直線があるコースでは、軽い小さな選手がどんなに頑張っても勝てません。
スラロームのように運動方向を常に切り替えなければならない種目は、大きな重い選手は、力がかかりすぎて不利になります。

ありがとうございます!

2010.05.21.19:56

皆様、ありがとうございます!

内容から個別にコメント返しが適切でないので、
まとめて返答いたします。

重いほうが下りが速いということですね。

思い出しましたが、
冬季オリンピックで、ボブスレーだったか、
日本の選手がウエイトオーバーで失格になりましたね。

まあ、自分の体重では上りがあきませんので、
やせるようにしないと。がんばります。

No title

2010.05.23.09:49

 CycleModeEcoClassic7時間エンデューロの下りで、日本一遅い男にぶっちぎられたKAKAPOです。
 ちょっとホッとしました。けど、TOMOOさん、下りのコーナーも速かったですよ^^

Re: KAKAPO様

2010.05.23.21:50

こんばんは。

そうです。重いから下りが速いのが明らかになりました(笑)

でもやっぱ、登れる力が欲しいですね。。
プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。