きまりは守るためにある

2013.12.17.00:36

今日書く話はだいぶん私個人の主観が入るので、
気分を害する方がいらっしゃるかもしれない。まずお詫び申し上げる。


もともと作家で、現在は東京都の知事をしている人がいる。
この人はランニングもやる人で、イベントで走っているのを見たこともあるが、
以前この人の発言で、非常に気に入らない発言がある。
とはいえ正確に覚えてはいない。
「クルマが来ないのに赤信号で待っている歩行者は馬鹿だ。判断力がない」
というような主旨の発言であった。

私はこの発言を非常に不愉快に思った。
例え守ることにそれほど意味がない状況でも守る、それが日本人だと思っている。
だから震災のような非常時でも非常に規律正しく、称賛を受けるのだと思う。
海外はみんなその場に即した判断で赤信号を渡るらしいが、
その場に即した判断というのは結局のところ自己弁護であると個人的には思う。

きっとその場に即した判断で5千万借りたのだろう。一事が万事である。


やはり作家で、毎年ノーベル賞候補になる人がいる。
超ベストセラー作家なので、私でも著作の半分以上は読んでいる、と思う。
やはりこの人も走る人で、トライアスロンなんかの経験もある人だが、
ニューヨークの公園の周りだったかを、音楽を聴きながらバイクの練習をして、
やはり走っている人に文句を言われて云々、というのをエッセイで書いている。
私はこのくだりも気に入らない。
文句を言われた原因がなんであるかははっきりしているだろう。
大作家はそういうことも平気で何よりである。

なお、この人の小説がおもしろいかどうかについては、
個人の好みの問題なので人それぞれである。
まあ私も半分以上読んでいるということから、どちらかは察していただきたい(笑)


よくもっと柔軟になったらどうだ、とか言われるが、

それは言い換えれば「もっとなあなあで行こうぜ」ということである。

まあこういうことを言うと、めんどくさいやつだなあと思われるのだが、
もうその通りですすいませんねえとしか言いようがない。
利口な方はぜひ臨機応変にやっていただきたい。

じゃあお前は生まれて一度も赤信号渡ったことないのかよと言う人もいるが、
そのつっこみ、あんたは小学生かと言いたいところだが、
もちろんあるに決まっている。で?

自転車に乗るようになってから、
とにかくきまりは守ろう、必ずしも道で私を見かける人は自転車に好意的とは限らない、
ということを強く意識している。自分のせいで自転車乗りが悪く言われてはかなわない。

まあ人様に強要するほど偉くないので、
個人的に上記については融通の利かないおっさんで通していくかと思う。
そして絶対に面と向かって人に言わない。だってへたれですもの(笑)


ブログ弁慶(笑)
よろしければ下のブログ村「ロードバイク」のバナー、
クリックいただけるとうれしいです・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

追記:25.12.17

コメントでご指摘いただいたが、
上記の著名作家(誰もがお分かりかと思うが村上春樹氏)が、
ニューヨークで音楽を聴きながら自転車で、との記述について、
彼のエッセイに書かれていたことを書いたつもりだが、
実際は音楽を聴きながらランニングしていたのを、私が間違って記憶していた。
実際の記述と違うことを書いた点について読者、および村上氏に深くお詫び申し上げます。

ただ、私は以前からブログでも何度も記載しているが、
自転車が通るような道で音楽を聴きながらランニングすることは危険であるので、
(そういう方はたくさんいらっしゃるが)到底賛成できないという考えである。
したがって氏の記述を間違って記載した点はお詫びするが、
例え大作家がそのようにしていても、危ないものは危ないと考えている。

音楽がなければ退屈で走れないということは、
私は自転車でもランニングでも一切ない。

「風の歌を聴き」ながら走るのが醍醐味であると思っている。
スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

2013.12.17.11:32

各個人が決まりを守ることは特に何とも思いません。
まあ無視する人も見ても常識の範囲で有れば何とも思いませんが。

五月蠅いのは決まりを盾に相手を責める行為ですね。
相手を落としても自分が偉くなるわけでは無いのに、何を勘違いしているのやら。。

管理人のみ閲覧できます

2013.12.17.12:26

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 通りすがり様

2013.12.17.19:20

こんばんは。

お人柄がうかがえるコメントですね。

私は誰かを責めたつもりはないので、私へのあてこすりだとは思いませんが、
決まりは盾です。それが社会というものです。
あなたの言い分は何の説得力もありません。
責められるのが息苦しいなら、ずっと家にいることをお勧めします。

No title

2013.12.17.21:58

各個人が決まりを守ることは当然のこととして許されるべきでしょう。
常識の範疇での規則無視もそれほどのことだとは思いません。

規則を盾に相手を責める理由というものが重要なのではないでしょうか?
たとえば
制服のホックを絞めなさい というどうでもいい(と私はお思っている)ルールを口うるさく言ってくるような、ちびまる子ちゃんの丸尾君的性格の生徒がいれば、それは五月蠅いと思っても何ら普通のことだと思います。
イヤホンで音楽を聴きながら、スマートフォン等をつつき、無灯火で逆走してくる鉄人が、いきなり横断歩道でもない道路を車がすぐ後ろに来ているにもかかわらず斜め横断して事故をする。
街中で先の鉄人を注意したとすれば五月蠅いといわれるでしょう。
しかし、先のような事故が起こるかもしれないということを考えることができるならば、責められてしかるべきだと思うのではないでしょうか?

どこぞで信号無視をしてメディアに取り上げられる自転車乗りもいます。信号無視をしている当人からしてみれば、注意されることは五月蠅いと感じるでしょう。
しかし、あくまでもルールを守って走っている健全な自転車乗りまでもが、身勝手な人の行動によって、社会から非難されているという現実がある以上、責めれてしかるべきでしょう。

誰かを批判したところで自分が偉くなることはないでしょう。
しかし、自分自身を身勝手な人と一緒にされてしまうことは避けられます。
身勝手な行動によって巻き添えを食らう人も減るでしょう。

管理人のみ閲覧できます

2013.12.17.22:13

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: Nur x1様

2013.12.17.23:33

こんばんは。

信号無視に関する件は、猪瀬東京都知事が副知事時代に自身のツイッターで発言したことです。
ここで言う信号無視のシチュエーションは取るに足らないものでしょうが、
信号を守るほうが馬鹿、という主旨の発言で、軽薄な発言で不愉快としか言いようがありません。

ロードは目立ちますから、違反を見られたら、
ロードバイクそのものが違反のアイコンと認識されてしまいます。
私はロードバイクが好きなので、それは自身の趣味に対する裏切りだと考えています。

ご意見、全くその通りかと思います。

自転車を楽しむ人、ランニングを楽しむ人、ずいぶん増えました。
ただ大井ふ頭の自転車とか、皇居ランナーとか、
ずっと頬かむりできない問題もあります。
なおざりになったまま膨れ上がるのは怖いな、といつも思っています。

2013.12.18.11:12

人に迷惑をかけることを注意することが傲慢だと感じる人もいるのかもしれませんが、それを口に出して指摘されると、電車で暴れている子供を叱った時にその親に逆ギレされたときのような感覚を覚えますね。世の中には誰かが注意しないといけないことはありますからね。

口うるさいオヤジ(失礼)と思われても、おかしいと思ったら発信することが大事だと思います。Tomooさんくらいの有名ブロガーともなると勇気のいることだと思いますが…


某知事殿こそがいつも上から目線で不愉快でしたね。その前任も含めどうして東京都知事には偉そうな人しか立たないんでしょうか(笑) 以前は東京都民だったので、選挙のたびに投票するのが苦痛だったことを思い出しました。

2013.12.18.20:01

注意するも指摘するも、思いやりをもってできるといいですね。
自分のことだけを考えて行動するような人が、まわりに迷惑をかける、ルールを守らない人ってことでしょうから。

Re: Yoshi-T様

2013.12.18.21:33

こんばんは。
まあ都知事さんのことはおいといて、
自分が何か言うことが、賛成反対両方あっても、
問題意識を出すというのはあってもいいのだと思っています。
自分が思うところを書くのが自分のブログですから。

Re: No Name様

2013.12.18.21:41

こんばんは。
走るのはひとりですが、
たくさん走るぶん大勢の人の目につくのが自転車ですから、
他人への思いやりなしでは成り立たない、
そのくらいに考えていた方がいいのかもしれないと思います。
プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード