スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知りたいことなのにわからない

2013.11.28.00:00

いつか書こうと思っていた話を書く。

先日の秋のもてぎエンデューロで、接触事故があって、
ドクターヘリで運ばれていったということがあった。
ストレートでロードとリカンベントが接触したらしい、と聞いた。
ツールドちばでもドクターヘリが出たと聞いた(私は見ていない)。
(こちらは大事に至らずと聞いている)
こういった話はちょくちょくある。
昨年の富士でのイベントで死亡事故があったりして、
自転車イベントはものすごく危険であるという印象を持たれてもおかしくない。

自転車は趣味だし、危険を冒して死と隣り合わせでやるものではない。
相応の注意を払っていれば安全に走れるものでないと、
おそろしくてイベントなんか出られない。

一般道路を走るときも同じである。
安全に走れることではじめて楽しい趣味と言えるわけで、
自転車を趣味としている人は、一部のどうしようもない不心得者を除いて、
おそらくは非常に安全への意識を高く持っていると思う。

事故とか落車とかがタイトルにあるエントリーはアクセスが増える。
ブログ村の新着記事でそのようなタイトルを見ると私も一応開く。
知りたいのは、
・どういう原因で事故が発生したのか
・その結果どういうダメージが運転者・相手(いれば)・車体にあったのか
・どういう処理が行われたか(警察の処理など)
以上を踏まえて自分の今までの走りに改善・反省すべきするところはないか
要するにケーススタディである。
(自分はひねくれてる方だが、さすがに人の落車という不幸を覗き見る趣味はない)

イベントでの事故では、しばしば重篤な事態が発生しているが、
事故の内容についてフィードバックがされることはきわめて少ない。

いろんな事情があるのはわかるが、
救急車だのヘリだのが来る非日常的な状況を見せられて、
なぜそのようなことになったかというのがわからないままというのは、
参加者もより具体的な注意ができないし、何も活かされない。
本当はそういう情報は蓄積されるべきだと私は思っている。
例えばイベント中の事故事例についてシンポジウムをサイクルモードでやるとか、
自転車雑誌3誌で共同企画をするとか、問題意識を持った取り組みができないか?

あんまりニーズがないということなら、それはそれでいいんだが、
実際にロングライドイベントとかで、
並走とか二重追い越しとか舐めた真似してる人、いるしね。

まあ何を取り上げるとかは自転車ジャーナリズムの裁量なんだが、

いま知る権利について振りかざしている、もっと大きなマスコミでも、
じゃあ自分たちの主張と立場上都合のいいことばかり書いて、
本来もっと問題視すべきことでも「報道しない自由」とやらを決め込んでいて、
我々の知る権利をいちばん阻害してるのあんたらじゃないの、と思うんだが。

真実をきちんと知らせる役割を、公器を名乗るならちゃんと果たせ。
我々が求めているのは、真実を知る権利なんですがね。


一言多いよね。だっておっさんですもの。
よろしければ下のブログ村「ロードバイク」のバナー、
クリックいただけるとうれしいです・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

Secret

事故について

2013.11.28.08:11

先週、神奈川のサイクリングロードで、道のでこぼこにひっかかり、バイクから投げ出され51才の方が亡くなられたという事故が報道されてました。
あらためて、ロードバイクの危険を意識しました。まわりの方に迷惑かけないためにも。
おっしゃる通り、事故のデータベース化で、啓蒙活動をしたら、いいですね。
私もですが、ロードバイク人口は、増えていますし。

No title

2013.11.28.11:08

まったく仰る通りです。

いつも読んでいます

2013.11.28.23:10

 確かに、大きな死亡事故なんかは検証がほしいですね。
でも、現状では確かにサイクル誌でも取り上げられることがありません。
下記の51歳の方の事故みて思い出しました。私も先日伊勢神トンネル(片側1車線で歩道も無いトンネル。地元では幽霊が出る事で有名)を通過中に路肩のがれと前日雨の影響でフロントが横滑りしてふらついた時、さらに40cm位の車間で車に横を抜かれて肝を冷やした事があります。
まあ、こういった事故にはならんかったけどヒヤリとした事例なんかを集めて何をしていけばいいのか考えるのもいいかと思います。この場合、無理に路肩により過ぎたのと、車の多く通る時間帯にこんなコースを選んだのが失敗だったかと反省しています。

Re: ATOM様

2013.11.29.01:17

こんばんは。
イベントでなくても、グレーチングやギャップにタイヤを取られて転倒とか、
私も経験がありますし、残念な事故の話には心を痛めてしまいます。
事故の中には心構えをしておくだけでも防げるものもあるでしょうし、
そういう意識を常に持つことはモラルの向上にもつながると思っています。
楽しいままいつまでも乗り続けたいですね。

Re: ooyonero様

2013.11.29.01:21

こんばんは。
ご賛同いただけてうれしいです。

1月の下旬に北海道に行く予定です。
札幌で1泊を目論んでおります(笑)

Re: No Name様

2013.11.29.01:33

こんばんは。
私も「あれはやばかった」というのがありますし、
リスク回避能力(技術だけでなく)向上のためにもデータ蓄積が大事だなと思います。
自転車は安全で楽しい、ではなくて、
安全運転をするという条件の下で楽しい、ということだと思うので、
関係するいろいろな人が、問題意識を持ってくれればと思っています。
何はともあれ、お互い安全運転で楽しみましょう!
プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。