スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当はハンガーノックじゃないかもしれない

2013.06.27.01:10

昨日は帰郷するという話を書いたところでなんなんだが、
帰郷の話はなくなってしまった。
母親から「入院した」という電話があって、
しばらく療養するので来るならこっちが落ち着いてから来いとのことである。
ちなみに母親は命に別条とかいう病気ではない。
ただの与太話になってしまった。この件については以上である。

さてフリーの日が手に入ったので、何をしようか。おいおい考えよう。


さて日曜日に息子と走った時の話である。
このとき食事はコンビニでおにぎりを食べただけである(コーラも飲んだけど)。
(息子は私の3倍くらい食べている。食べ盛りだし)

最近自分は補給時に「食べれるだけ食べる」というのを実践してきた。
すぐにガス欠になる傾向があり、とにかく食べておかなければという気持ちである。

しかし日曜日は私が息子を先導する立場で、息子に合わせて走ったので、
まあ距離が105㎞とほどほどの距離だからということもあるが、
全く「エネルギーが足りていないな」という感じにはならなかった。

自分がハンガーノックという感じに襲われた時のことを思い出してみた。

いずれも複数で走っていて、
「ついていけない」
「足を引っ張っている」
「やめないと迷惑がかかる」
そういうことを考えたときに、きつい目まいがして、視野が狭くなり、
全く体に力が入らなくなってしまう。
休憩して甘いものを摂るとしゃきっとしてくるので、

これがハンガーノック、もしくはその一歩手前の状態というふうに理解していた。

しかしよくよく考えてみると、自分が単独でマイペースで走ったときは、
あんまりそうした目にあった記憶がない。
一人で100km以上、カロリーはコーラだけで走ったことは何度もある。

そう考えると、私の「おなかがすいて力が出ない~」という状態は、
単にグリコーゲンを失ったことによる以外に、
メンタルが深くかかわっているということが容易に推測できる。
要するにへたれだということだ。

しかしハンガーノックを恐れて必要以上に食べたら、太るのは必然だ。
となれば対策としては、
・不安な気持ちにならないような走力を身につける
・補給の量、摂取するものを工夫する
・時間に追われるようなことを避ける
・自分より速い人と走らない
などなど。

なんか身も蓋もないことを書いてるな。
自分より速い人・・・って全員やないかい(笑)


こまめに少しずつ、脳が元気になる程度の補給を気付薬的に摂って、
あとは気楽に走るということだろう。

と書いたところで、またいろいろ考えてしまった。
こういう性質はたぶんあまり自転車向きではないなあ。


全部脂肪だけを消費するなら補給は一切不要なのに。
よろしければ下のブログ村「ロードバイク」のバナー、
クリックいただけるとうれしいです・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。