スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽いに越したことはない

2012.12.18.01:38

きのうTIMEのXpresso6というペダルを購入して、
早速取り付けてもらい走って帰ってきた。
なのでまだ15㎞しか乗ってないわけなんだが、
第1印象くらいは書けるかもしれない。

写真は昨日の再掲。
写真 (66)

いままで使っていたのはシマノの105。
なお一応念のため補足するが、SPD-SLペダルはティアグラというのはない。

ショップで固定ローラーに乗って試してみたんだが、
店長「ぱきぱき音がする。BBかな」
STAFF宗吉さん「足の音ですね」
店長「そりゃ失礼じゃないの」
私「すいません、私の関節の鳴る音です・・・」

ローラーの時にはあまり感じなかったんだが、
実際に道路を走ると、

軽いというのはわかる。
105のカタログ重量は320g、Xpresso6は205g。
軽いから回しやすい。気のせいかもしれないが、回しやすい。
素人にペダルの差なんてわからない、という人もいるが、
私はわかったような気がする。いややっぱり軽いっていいことですよ。

ちょっと回してて羽が生えた感じが若干しないでもない。
レッドブル飲んで翼が生えるんだから、別に不思議ではない(笑)

で、踏みやすい。踏む面がけっこう大きいからだと思う。

クリートの入れやすさについては、慣れの問題もあるが、
それほど入れにくくはない。
慣れて、あたりがついてきたらもっと楽になるとは思う。
シマノの方がいれた感がある。軽いせいと素材のせいだが、
ちょっとチープな感触がある。
外す時も、板バネの「ばちん」という音が、
いままで重厚感?のあるシマノに比べるとなんかあれである。

クリートはTIMEの方が若干重いが、たいした差ではない。

あとはTIMEのペダルの特徴である、
かかとの自由度があり、けっこう動くことである。
まだひざに負担が来るほどの距離を乗らないとわからないが、
こいでる限りでは「これは長距離楽かもしれない」という気がした。

初日は、正直言ってこのペダル気に入った。

ただ1点困ったことが起きた。

シャフトが思いっきり中抜き空洞なので、
いままでシャフトの先端部分につけていた、
ケイデンス用のマグネットが中に埋もれて使えない。
タイラップでつける純正のケイデンスマグネットは、
クランクの形状がちょっと変わっているので合わない。
しかたがないので、土曜日にホームセンターで探してこよう。


なお、居間に自転車を置いているので、
よく見たら新しいペダルになっているのはわかるんだが、
妻は気づいてないので、ご機嫌うるわしいときに言おう(笑)
ちなみに息子には言った。
「おまえ用に新しくしといたぞ」と恩着せがましく言ってやったら、
ペダルを見て「おお~、なんか中二っぽいデザインだ」と言っておった。
確かにSFチックなデザインではある。私は好きだが。

とにもかくにも、我が家にいちばん最初に来たTIME社製品である。
ひょっとしたら我が家にある唯一のMADE IN FRANCEかもしれない(笑)


トレビアン。
よろしければ下のブログ村「ロードバイク」のバナー、
クリックいただけるとうれしいです・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

Secret

プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。