スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じゃああんた走ってみろよ

2012.11.11.01:47

今日はきのう買ったランニングシューズを試してみた。
まだインソールの感じに慣れないが、
かかとのホールド感が良く、何より軽い。
明日も走ってみて、きついとか当たってまめができないかとか確認する。


今日は家庭の用で自転車に乗らず、買い物に出ただけである。

買い物は息子のママチャリで行くのだが、
これがけっこうきつい。

まず重い。
サドルが低い。
直進安定性がない。

しかしトレーニングにはなる(笑)

今日はペダルの外側に足を乗せて、
言ってみればQファクターを大きくとって踏んでみた。
こうするといやでも拇趾球で踏むことになるし、
さらにサドルが低いこともあり、内転筋にいやでも力が入る。
ふとももの内側だけを使うペダリング(笑)
買い物のわずかな距離のトレーニング、というより娯楽である。

自宅からスーパーに行く際に、交通量のかなりある道路を通る。
片側1車線、ただし両端の歩道が非常に広い。クルマ1台分くらいはある。
路肩が狭いのでママチャリではちょっと怖い。仕方なく歩道を通行する。

歩道なので歩行者がいる。あたりまえだ。
徐行して走る。そういう決まりだからそれはそれでいい。

しかし車道なら逆走の向きで自転車が対向からやってくる。
(歩道だから逆走とはならない?)
いくら広い歩道でも、自転車が対面通行になったらいっぱいっぱいである。
歩行者を追い越そうとすると対向自転車が突進してきたら怖い。
とくにおばさんは絶対止まらない(笑)道を譲ったり絶対しない。
常に自分が優先と思ってるようだが、あれはなぜ?

で、歩道でびゅんびゅん飛ばして、歩行者にちりんちりん鳴らして、
「どこ歩いてんのよ」みたいな顔してるのはどうしてだ。
これは自転車に乗る人の意識の問題だけど、

道路をつくる人が、
明らかに自転車を走らせる意図で歩道の幅を広くとって、
車道にはみださなければオッケーみたいな道路にしてしまっていて、
対面通行が歩道上で発生して、これはけっこう怖い。
しかも街路樹でところどころ狭くなる。

こういう道路をつくる人は、自転車に乗って街を走ったことのない人である。
対面通行はほんとにおそろしい。
これは私なら歩道を狭くして歩行者だけのものにして、
自転車は自転車専用レーンにして対面通行禁止を明確にするよう矢印をペイントする。

某河川敷で、自転車のスピードの出し過ぎによる事故防止のために、
試験的に自転車を両方向とも片方に寄せて対面通行させている箇所がある。
スピードを出していなくても危ない。対向車との接触、正面衝突の危険性がある。

なぜ普通の道路で車は左側通行なのか。危ないからである。
対面通行にするということは、
「スピードさえ出さなければ」すれちがいの際に接触してもたいしたことにならない、
という間違った認識によるものである。

いや大丈夫でしょ、というなら走ってみてくださいよ。
時速10㎞(←自転車としてはむっちゃ遅い)どうしの自転車がすれちがったら、
時速20㎞で走ってるのとおんなじじゃないの。小学校の算数で習ったでしょう。

時速10㎞はキロ6分。このペースでフルマラソン走れば4時間13分。
そんなに遅くないですよ。そんな人がぶつかってきたらタックルですよ。


などということを考えながら鍋の材料を買って帰った。
全く週に何回鍋にする気なのか私は。

本日は2,024kcal。ランニング以外は買い物くらいしか活動していないので、
カロリー消費の方が不足してしまった。
やはり休みの日は自転車に乗らないとだめだな。


明日はポタリングの下見がてら走ろう。
よろしければ下のブログ村「ロードバイク」のバナー、
クリックいただけるとうれしいです・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

2012.11.11.08:37

自動車での事ですが
私は直進、そして細い脇道から左折車
運転手のおばさまは右の確認(つまり私の方向)をしないで
出ようとする・・・
思わずクラクションを鳴らした

するとそのおばさま窓を開け私をにらみ(何なの!?)と怒り顔

「何なの!?ってそっくりそのまま、その言葉を返したい」(笑)

車って確かに運転免許が必要な筈
マジに免許持っているのだろうか?

免許が必要な車でこうなのだから
自転車なら尚更になってしまうのでしょうか?

一部の方だけだと信じたいが
こちらが注意しないと(もらい事故)は嫌ですもんね(^^;

某河川敷

2012.11.11.20:41

某河川敷の、片側に自転車専用レーンをペンキで設けた件ですが、
今日、走っていたら、ペンキが消されてました。
元々、試験運用となっていたので、試験期間終了?
それとも、試験失敗?

私的には、自転車、歩行者両方に危険度がアップしていたように思えました。(試験しなくてもわかるようなものだけどなぁ~)

No title

2012.11.11.21:10

こんばんは。
マラソン大会も家族が応援してくれるからこそ、やりがいがありますね。
自分もエントリーしようかと思いましたが、一人で走って誰も応援する人もなければと考えたら、なんだか走ろうと思う気がなえてしまいました。
ネガティブ思考ですが。
自転車だけは、ポタリポタリと気ままにペダルを回そうと思います。

Re: 矢口(ぐっさん)様

2012.11.11.22:13

こんばんは。
ほんとによくある話ですよね。
ミスを認めたら負けみたいなところ、あります。

もっといろんな人が考えることが必要だと思います。
自分も引き続き考えて行きたいと思います。
自転車に乗る人はみな関係者ですから。

Re: nakayan様

2012.11.11.23:15

こんばんは。
こないだはあったような…
プレスリリースを確認したら、確かに10月末までですね。
どういう結果報告があるのか楽しみですが(笑)


Re: osa46様

2012.11.11.23:25

こんばんは。
マラソンは沿道の応援もありますし、
家族の応援がないレースでもけっこう私は楽しいです。
自転車も、ひとりが良かったり、人と走って楽しかったり。

自転車やランをすることで、私自身が楽しめていることで、
家族がそれを喜んでくれているのはありがたいことです。

No title

2012.11.13.12:48

通りすがりですが、いくつか意見をば。

>しかし車道なら逆走の向きで自転車が対向からやってくる。(歩道だから逆走とはならない?)

 下の関係が正しいです。走行位置によっては逆走となりません。
 ただし、歩行者優先なので、歩行者が歩道上に広がって居れば、自転車は、さらに車道側に寄る必要があります。まあ、極端な場合は順走側は車道を走ったほうが利口かもしれませんが。
| 歩道 |
|↓↑↑↓|
|歩歩自自|  車
|行行転転|  道
|者者車車|
崩れてたらゴメンナサイ。

>こういう道路をつくる人は、自転車に乗って街を走ったことのない人である。

自転車乗りも多いです。技術系の職場なので、一般事務職より余程。
歩道はあくまで歩道だということを前提に利用してください。

>これは私なら歩道を狭くして歩行者だけのものにして、自転車は自転車専用レーンにして対面通行禁止を明確にするよう矢印をペイントする。

これは賛成です。

>対面通行にするということは、「スピードさえ出さなければ」すれちがいの際に接触してもたいしたことにならない、という間違った認識によるものである。

対面通行が難しい場合は、自転車から降りて、自転車を押して歩きましょう。スピード問わず、自転車と自転車や歩行者が接触すれば、(厳密には)接触事故です。

TOMOOさんが書かれていることは、実際の通行状況から見ると理解できるのですが、道路の設置目的や構造や法整備の視点からみると、絶対止まらないおばさんと五十歩百歩です。

Re: 通りすがり様

2012.11.13.14:03

こんにちは。ご意見ありがとうございます。
私も説明が足りずで不快なところがあったかと思います。
若干補足します。
まず歩道は原則自転車が走ったらだめなところなので、
わざわざ自転車を歩道に誘引する道路は問題があると思います。
もちろん止むを得ず通行する際は最徐行です。
歩道を相応の速度で走りたいとは露にも思いません。
某河川敷の件は、一般道路ではなく河川敷の話ですから、
わずかな幅に自転車を押し込めて、事故リスクを高めているので、
試験的にとは言えああいう道を作るのは、
作る側に自転車に乗せたくない意図があるということ?って思います。
危なければ降りて押すということは、平均台くらいの幅を与えて、
ここを走りなさい、あぶなければ押しなさいという運用も、
極端に言えば出来てしまいますし。
私は権利を主張するのではなく、どうやったら皆が快適に道路を使えるか、
必ずしも考えられていない道路が存在する、
それは何とかしたほうがいいんじゃないか、ということです。
おばさんと五十歩百歩かもしれませんが、そんな思いです。
プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。