スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業料7,590円

2012.06.18.02:00

今日はとにかく暑かった。
ほんの1時間半くらいしか走っていないのに、日焼けで顔が熱い。
この日差しが昨日欲しかったなあと、少し思う。
暑すぎるのもなんだが、雨よりはいいだろう。


昨日のブルベ、BRM616奥利根400kmだが、
結果は200㎞手前でDNFとなった。
いろいろ気がついたこともあったし、
DNF~宿泊~輪行という体験もできた(これからもするかも)ので、
うまくまとまらないかもしれないが書いていきます。


入間スタート7時。
スタート地点までは一緒に参加するたかぽんさんと車載で行った。
スタートから雨で、レインウェアを着てスタート。
通過チェックポイントの水上(133㎞)を目指す。

序盤は平坦、順調に進んだ。いいペースだ。
70㎞過ぎで最初の休憩。全く疲れも違和感もない。飲み物補給。
ただ自分のガーミンがうまくルート表示しない。
ルートラボの入れ方に問題があったのだろうか。
GPSが見にくいとストレスがたまる。。

登りにさしかかり、とにかく暑い。
雨だからレインウェアを着ないといけないが、気温も高いし暑い。
水ばかり減っていく。
120kmあたりで脚が回らなくなった。ハンガーノックだ。
途中まで何も問題なかったから、
チェックポイントで補給すればいいやと思っていた。チョンボだ。
たかぽんさんに先に行ってもらいのろのろこいでたら、
後ろにいやな感触がした。後輪パンク。
ただ後輪ぺしゃんこではなく、1気圧ぐらい残っている感じ。
パンクした場所に路肩がなく、修理する場所がない。
仕方なくしばらく走り、歩道のあるところまで来てチューブ交換に着手。
雨足が強くなってきた。いろいろやりづらい。
タイヤを見たが、何か刺さっているようではなかった。
チューブを入れて、今回初めてCO2を使った。
入れた瞬間にバルブについた雨水が凍り白くなり、自分の指先も白くなった。
あぶねえ指凍るとこだったぜ(笑)
チェックポイントに着いたのが14時50分くらい。
当初の見積もりより1時間以上遅い。

急いで補給をして、次のチェックポイント、日光を目指す。
133㎞、途中に坤六峠と金精峠という厳しい山が待っている。
リスタートしてすぐに坤六峠へのアプローチが始まる。
これが上ってちょっと下ってまた上って400mくらい上がり、
そこから峠本番で900mくらい上がる。
アプローチも含め上りが30㎞以上で、とにかく長い!
しかも途中で片側通行の信号がいくつもあり、強制停止させられる。
結局坤六峠の頂上まで40㎞で4時間近く使ってしまった。
たかぽんさんと、ちょっと難しいが下るだけ下ろうということで、
(もちろん路面がウェットなので下りも飛ばせない)
片品(尾瀬という方がイメージ湧きますかね)まで降りて、
残り70㎞くらい。タイムアウトまで5時間。
距離25㎞、1100mの登りと雨の下り。
間に合わないと判断し、400㎞ブルベは200㎞まで走らず、
ちょうど待機していたスタッフにDNFを告げた。

片品から32㎞下り基調の道を沼田に出ることにした。
当日の電車は間に合わないと判断、沼田のビジネスホテルを押さえた・
諸連絡をして、補給をして沼田に向かう。
なおこのあたりの手慣れた対応はご同行のたかぽんさんの差配で、
自分は横で見ていただけである(笑)

沼田までの道が、下り基調のはずなのに途中プチ峠とか出てきて、
300m以上登った。700m下ったけど。
途中登坂車線が出てきたときには殴ってやろうかと思った。
雨の山道はガスが出て、ライトも見づらく下りも怖くて参った。
雨でどろどろの自転車で沼田市役所の近くの宿に入った。
ホテルの管理人?のおばさんが、
ロビーに自転車を置くことを快諾してくれた。ありがたい!
聞けば群馬CSCで出場者がよく泊まっているとのこと。

翌朝沼田駅に向かう。
わずか1㎞くらいだが、平均7.5%の下り(笑)
駅から宿に向かうとかぞっとする。
沼田駅から輪行。輪行袋はこういうこともあろうかと持参している。

沼田から高崎まで上越線1時間弱。
いろいろ(ほとんどたかぽんさんが)考えて、
高崎から八高線で高麗川まで。生まれて初めて八高線に乗った。
もう旅行である。
高麗川から自走して10㎞、入間のスタート地点に着。
車で帰宅した次第である。

ビジネスホテルの素泊まり料金が5,700円。
沼田~高麗川のJR運賃が1,890円。
しめて7,590円が今回DNFに伴い追加発生した費用である。

7,590円は授業料ともいえるが、
負け惜しみではなく本当にいい経験になった。

ガーミンは不具合というより、
ルートラボのデータを放り込んでおけばいいという安易さで、
使い方に習熟していなかったこと、コースの勉強不足だったことは、
もう言い訳のしようがない。

また感覚的に大丈夫っぽいので、あとに補給食をとっておこうと思い、
途中で携行したおやつを食べなかったのはアホである。
考えてみれば、だいたい自分は10㎞あたり200kcal消費する。
130㎞なら2600kcal使うわけで、そりゃガソリンも足りなくなる。

早速ガーミンの表示に消費カロリーを入れた。
また使い方も、今回何が悪かったのかよく検証しようと思おう。

今回は坤六峠が思ったよりきつかった。
アプローチも含めた登りを計算しておらず、
登りが苦手どころの騒ぎでない人間が登ろうとするなら、
練習は当然だが、もうちょっと何か策がないといけない。

一番いい経験となったのは、
「どこでDNFを判断するか」
がんばれば行けるんじゃないか?という気持ちをおいといて、
どう客観的に自分の力量とか、コースや天気や諸々を考えて結論を出すか。

「DNFは悪いことではない」
自分のいろいろな点が不足していたことは悪いが、
特に今回のように夜の雨の峠の下りを残しているとか、
わずかな可能性に賭けて、アクシデントとか疲労で動けなくなるとか、
絶対にあってはならない。
同行のたかぽんさんが早めに結論を出した時点で、
自分は続行することに未練があった。
DNFして宿まで32㎞の間、雨が降り続いて、
行っていたらえらい目にあっていた、DNFで正解だったという話をしていた。
裏返せば、やめる時点で続けたいという未練があったということは、
判断が誤っていたということになる。

DNSというのはカーフマンで1度、ハーフマラソンで1度経験があるが、
Did Not Finishというのは初めての経験だった。
一敗はしたが、損はしなかったと思う。

一度の失敗ですべてわかった気になっているつもりはないけど、
300を2度完走して、わりとなあなあになっていたところが、
いろいろ気づいたり考えるところができた。

しんどかったけど、なんだかんだでおもしろかったし。


長文になりました。区切って書くのが嫌なので書ききろうと思いましたが、
パーツ的なことが書き残ったので、そこだけ明日以降に延ばします。
写真もなくてすいません。撮る余裕はこれっぽっちもなかったです。
まあいつもほとんど写真撮ってないですが(笑)


自転車洗うの大変だった・・・
よろしければ下のブログ村「ロードバイク」のバナー、
クリックいただけるとうれしいです・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村








スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

comment

Secret

No title

2012.06.18.07:50

経験として、よかったんじゃないの。
でも自分の実力と思われるところの1割増くらいの挑戦、
その辺りで積み上げたほうがいいのかも。
天候のような不確定要素もあるし。

特に下りは地味にバランステクニックのおさらいみたいなものだし...
それこそ経験の積み重ね、どれだけコツに気づいて、
体になじませられるか。

それとおまけで、did not finishで、finishedでない。

Re: えふ様

2012.06.18.08:48

おはようございます。
あ、確かに間違えてる(笑)直します。
実力の一割増しというところ、大事だと思います。
まあ出るとこが著しく限られて、
ブルべは難しくなってしまいますが(笑)
上級者の方には、いらいらするかもしれないです。

管理人のみ閲覧できます

2012.06.18.11:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2012.06.18.17:17

お疲れさまでした。

2012.06.18.19:11

四国に住んでいます。書き込みは2度目です。
素晴らしい経験をなさっていますね。
私もブルベに挑戦したくなりました。

TOMOOさんはロードを始めて2年目でブルベ挑戦ですか?

私はロード歴半年(汗;

メタ簿なところも似ていると思っていつも応援しています。

あと半年走り込んで来年挑戦というのは急ぎ過ぎでしょうか?

まずはブルベ200.

Re: えふ様

2012.06.18.23:21

こんばんは。
いつもありがとうございます。
目をつぶって片足立ちしてふらふらしてしまう自分ですが、
ちょうど家の前に広い駐車場がありまして、練習にいい場所でして。
誰かに練習の成果を見せろとか言われると困るので、
練習するとか公的にはいいませんが。

Re: ブーフロック様

2012.06.18.23:28

こんばんは。
私が言える立場ではないですが、個人的には全くOKかと思います。
私も自転車3年目ですが走りは本当にまだまだです。
でもおととい来いとか(思ってても)誰も言いません。

四国なら冬の間でも走れる山道も多いかと思います。
ぜひがんばってください。
もしまだ実際に200㎞走ったことがなければ、ぜひトライしてください。
プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。