スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーテープが下ハンだけきれい

2012.04.03.01:33

仕事も新しい年度に入った。
田舎から東京さ出てきて25年目の春である。

自分の田舎では桜はゴールデンウィークくらいだが、東京はこの時期。

今年は桜はもう少し先になるようだが、
自分は自転車に乗り出してから、花見に行くようになった。
それまでは「なんで人混みにわざわざ行かなくちゃいけないのか」と、
頑なに行楽を拒否していたのだが、
自転車に乗って桜を見ると、すごくきれいなので、
「家族にもどこかのきれいな桜を見せてあげないとな」という気になった。

おととしは浜離宮に夜桜を見に行った。
去年はランナーにはおなじみの皇居の周り(5km)を歩いて1周した。
今年はどうしようかな。


どうも要領が悪いせいか、自転車の掃除がへたである。
一応洗剤で洗ったりするのだが、四角い部屋を丸く掃くみたいな大雑把さで、
掃除し終わってよくチェックすると、洗い残しや拭き残しがあったりする。
まあ気づいたところを拭き取るようにはしているが。

汚れてしまったらもうどうしようもないのがバーテープである。

先月ブルベを2本走って、どちらも雨に祟られたせいもあって、
赤いバーテープは上ハンはけっこう汚れてくすんだ色になっている。

一方、下ハンについてはもう、きれいなまんまで、
一回くらい握ったの?というくらいきれいである。
先日のブルベでは山の下りですこし下ハン持ったくらいで、
あとは全く下を持たなかった。

まあ多少の差はしかたないが、
このままだと下ハン部分が巻いたばかりっぽく見えるけど、
上ハン部分は汚くて握るに堪えず交換というふうになりかねない。
それはもったいない。
どうせならまんべんなく汚して取り替えたい。

もう少し汚すくらいの気持ちで下ハン意識してみよう。

上ばかり持っているのは、もう一つ理由というか問題があって、
長い距離を乗っていて、疲労だったりフォームの乱れだったりで、
ブラケットが遠く感じられることがけっこうある。
遠いのでブラケットより手前のところを持ってしまう。
上半身の緊張を解くように、乗ってる最中でも肩回しとかしたり、
あとハンドルを押すとフォームが多少ましになるので、
ところどころハンドルを押している。

バーテープを巻くならきれいに巻きたいところだが、
自分はこれもかなり苦手である。
できることはできるが、あまり人に見せられるレベルにはない。
ショップで巻いてもらうのがいちばん安心なんだが、
ひまなときは頼めるが店長がいそがしそうにしていたら、
まあ自分で巻こうかな、と思ってしまう。

しょっちゅう巻いてたらお金だって多少はかかるし。

実はきのうまで忘れていたのだが、
以前サドル(フィジーク・アンタレスのコフィディスカラー)を買ったとき、
バーテープとのセットになっており、バーテープがついてきていた。
当然赤でかっこいいが、バーテープに文字が入っており、
自分が巻くにはハードルがちと高い。
いつかここ一番に臨む前に巻こうと思ってそのままである。

いつ何がここ一番なのかよくわからないが、
とりあえず今のバーテープは、
2月のオーバーホールの際に巻いてもらったものなので、

もう少し上ハンだけ少し黒ずんできている、
今のやつをもたせようと思う。

よくハンドルに体重を預けないで手は添える程度みたいなことを聞くけど、
そんなふうに乗れたら、多少は汚れ方も違うのかもしれないが。


もしかしてグローブが汚いとか(笑)よろしければクリックお願いします・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。