輪行袋に最初に入れたもの

2010.01.31.22:42

今日は5時20分に起きた。
思ったよりひざも痛くない。足のしびれもさほどでもない。
じゃあ今日は走ろうか。
まあSwacchiに行く途中で痛くなったら帰ればいいや。

今日は利根運河を走る。苦手意識がある道だが、楽しみだ。
買物があるので、メッセンジャーバッグを背負っていった。

今日はいい天気だなあ。

江戸サイ走ってるとき、
ふくらはぎからふとももから、急に痛くなった。
あれ、やっぱだめなのかなとか思ったが、いつもの痛みと違う。
脚全体の痛みということは、脚全体を使っているんだろう、と、
あくまで前向きに考えてこいでたら、やがて痛くなくなった。
江戸川から利根運河。往路はまずまず快調に走れた。

パン屋でパン3個食べる。
Swacchiの近くのコンビニで、出走前におにぎり3個食ったんだが。

復路は若干の向かい風。
無理とは思いつつ、早い方々についていった。
集団につけず離れ、前の減速で追いつき、後ろについて、また離れて。
でも上手な方につくと、トルクが一定なのでほんとに走りやすい。
逆に言うと、私の後ろではさぞ大変だろうなあ。

がんばってこぎました。

で、今日は妻にこづかいもらって、買うぞと決めてきたんです。

輪行袋。

5月、佐渡に行くことにしてしまったので、輪行袋は絶対必要。
で、早めに買って、練習しようと思いまして。

Yujiさんに自分の希望を伝える。
・あんまりコンパクトだと、2度と袋に戻せないので、簡単なやつ
・後輪はあまり外したくないので、でかくてもいい
・とにかく簡単なやつ

で、ごついが丈夫そうで、何より他人と間違えそうにないので、
Rinprojectのにしました。
輪行デビューは、来週2月11日。
下総フレンドリーパークでSwacchiの走行会があるので、
行きはお店の車に乗せてもらうことにして、
帰りは輪行で帰ってくる事にしました。
うまく自転車が袋に入れられない場合は、自走で帰るしかない(笑)

妻にその走行会の話をしたら、怒られた。
妻はその週、仕事が忙しくその日しか休みがない。
しかも実は、その日は私の誕生日なので、
そういう日に走りに行くとは何事だ、と。全くもってその通り。
でも午後には帰って来るし、そのくらいいいかなと思ったんだが。。
夕食においしいもの食べることで妥結。

何とか機嫌を直してもらわんと。そうだ。
私「輪行袋見る?すごいよ~」
妻「うん見せて~、ってなにがすごいの?」
2010013116270000[1]

見せた。上は折りたたんで袋に入っている状態。
妻「へー意外とちっちゃいんだ~」
なんかとてつもなく大きいものを想像していたらしい。
私「出してみるね~笑うよ~」

2010013116310000[1]

妻爆笑。「何この色使い~ありえない~」
息子爆笑。「わー、ねえ入っていいでしょ~」・・・なぜ入ろうとする。

2010013113280000[1]

息子がすっぽり納まりました。

ひととおり楽しんで、たたんでしまう。
あれ。ちゃんとたためない。また妻爆笑。
「自転車入れる以前の問題じゃん~」・・・そうですよ~だ。

数回たたんだり広げたりして、まあ第一段階は終了じゃ。
自転車を入れる練習は、・・・明日以降にしよう。
チェーンとスプロケの掃除して、油さして、本日は終了です。。

今日は、走ってるときは脚の不調は感じなかった。
さすがに復路頑張りすぎたので、帰りの自宅までの道のりで、
ひざの外側が痛んだが、
帰ってストレッチしてマッサージして、昨日ほど状態は悪くない。
早いうちに治療には行くつもりですが。

今日も楽しかったです。はい。
やっぱり、走ってるときが一番ですねぇ。

<今日の走行距離:80.4km>


これで電車乗るのか!と思われた方も、クリックお願いします・・・
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

theme : 自転車
genre : 趣味・実用

プロフィール

TOMOO

Author:TOMOO
メタボな中年男子です。
自転車大好きですが、ちっともうまくなりません。でも楽しい!
愛車は赤いTIME FLUIDITY S(ばきゅ~んⅡ号)です。
土日限定で、今週もはりきって走ります!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード